定款

冠婚葬祭部会定款

第 1 条(名称)
本会は 冠婚葬祭部会と称する。
第 2 条(本部・事務所)
本会の本部・事務所を部会長の事務所におき、連絡所を随時必要に応じて設けることができる。
第 3 条(目的)
第 3 条 本会は青年会議所の基本理念に立脚し、部会員の従事する事業を通じ国家社会に奉仕し、業務の正 しい発展向上および会員相互の啓発を目的とする。
第 4 条(事業)
本会は前条の目的達成のため、次の事業を行う。
(1) 冠婚葬祭業に関する調査研究
(2) 会員交流
(3) 会員拡大
第 5 条(会員)
本会は次の会員をもって構成する。
 (1)正会員 (会員会議所の正会員)
 (2)特別会員(会員会議所の特別会員)
2. 部会員にして会員会議所の正会員および特別会員資格を失った者は自然退会とする。
第 6 条(役員)
1. 本会の役員は次のとおりとする。
 (1)部会長 1 人
 (2)直前部会長 1 人
 (3)副部会長 2 人以上 6 人以内
 (4)運営専務 1 名
 (5)財政委員 1 名
 (6)常任委員 若干名
 (7)監事 2 人または 3 人
2.1 項に定めるもののほか、役員として顧問を置くことができる。
3.常任委員、監事は総会において部会の正会員の中から選出する。
4.部会長及び副部会長、運営専務、財政委員は常任委員の互選により選出する。但し、部会長は選出時 の年度を含め過去 2 年間に 1 回以上の役員経験者中から選任する。
5.顧問は常任委員会の決議により置くことができる。
6.役員の任期は毎年 1 月 1 日から 12 月 31 日までとし重任を妨げない。
第 7 条(役員の選任及び資格)
1.役員は総会において選任及び解任される。但し、顧問はそのかぎりではない。
2.役員選任に関して下記に掲げる者は次年度役員の資格はなきものとする。
 (1)会費の納入を遅延しているもの。
第 8 条(常任委員会)
1.常任委員会は、部会長、副部会長、運営専務、財政委員、常任委員をもって構成し、本会則に従い、 部会の運営についての必要事項を決定する。
2.常任委員会の定足数は構成人員の過半数とし、その議決は出席者の過半数によるものとする。
3.直前部会長、監事、顧問は常任委員会に出席し、発言する権限をもつ。但し、議決権を有しない。
第 9 条(委員会)
1.本会の運営の円滑化を図るため、常任委員会の決議により委員会を設置する事が出来る。
2.委員会及び委員は、常任委員会が選出する。
第 10 条(OB 会)
1.本会を発展させることを目的に、OB 会を設置する。
2.会員は、本会特別会員をもって構成する。
3.運営は別途定める OB 会会則によるものとする。但し OB 会会則は本会総会で決議する。
第 11 条(総会)
1.本会の総会は本部会員をもって構成する。
 (1)通常総会(原則毎年 1 月及び 7 月に行う)
 (2)臨時総会(常任委員会が必要と認めたとき、これを招集することができる〉
2.総会の定足数は、3 分の 1 以上とし、その議決の過半数をもって決定する。
3.総会については、委任状による出席および議決権の公使を妨げない。
第 12 条(総会の決議事項)
1.次の事項については総会の議決を要する
 (1)会則の変更
 (2)役員の選任および解任
 (3)事業計画および収支予算の決定ならびに変更
 (4)事業報告ならびに収支決算の承認
 (5)部会の解散
 (6)その他部会運営上特に重要な事項
第 13 条(入会金・会費)
1.部会員は、本会の定めに従い入会に際し入会金及び会費を毎年 2 月末までに納入しなければならない。
2.年度途中で入会し、あるいは退会しても当該年度の会費は全額 納入しなければならない。
3.入会金に対しては一切返却しない。
4.入会金は 10,000 円とし、年会費は 20,000 円とする。
第 14 条(入会・退会・除名)
1. 本会に入会しようとする者は、本会の所定の入会申込書を部会の常任委員会に提出しなければならな い。
2.本会を退会(自然退会以外の退会に限る)しようとする者は、本会所定の退会届を常任委員会に提出 しなければならない。
3.本会の名誉を汚し、または信用を失うような行為があったときおよび会費を滞納し納入しない者は常 任委員会の決議により勧告の後、除名することができる。
第 15 条(収入)
本会の収入は入会金、会費、寄付金、その他の収入によるものとし、営利を目的とする事業による収入を 図ってはならない。
第 16 条(事業年度)
本会の事業年度は 1 月 1 日より 12 月 31 日までとする。
第 17 条(細則の設定)
1. 本会別に定めるもののほか本会は部会運営に関し必要に応じて総会の議決により細則を設けることで きる。
第 18 条(会則等の書類の設備)
本会の会則、事業報告昔、会計報告昔、各種議事専、細則等重要な書類を常に完全に整備した上、部会事 務所にこれを常時備え置かなければならない。
第 19 条(附則)
本会則は平成 21 年 11 月 1 日より施行する。

代表発起人 小林 望 (西宮)
代表発起人 神田 隆吾(相模原)