設立趣意書

日本青年会議所 冠婚葬祭部会 設立趣意書

代表発起人 小林 望
代表発起人 神田隆吾

「JCは社会の縮図である」と昨今言われて来ているように、社会の希薄なコミュニケーションがもたらす、様々な地域社会の変化を身近で感じている我々JCに課せられている責務は日々変化して来ていると思います。

まだインターネットも携帯も普及していない時代、冠婚葬祭は親戚や地域の方と協力して派手ではないが、温もりのある式がそこにはあったと思います。

時代は変わり、コミュニケーションのあり方に変化が生まれて来ている現代、自殺者数は年々増加の意図を辿り、結婚に関する考え方もまた時代と共に変化し少子高齢化社会は益々進んで来ております。

我々冠婚葬祭に携わる企業はそんな人間の希薄なコミュニケーションを時下に感じ、地域の絆や家族の絆の大切さを切々と感じ、またその影響を企業として感じています。

そこでここに冠婚葬祭部会を立ち上げ、意見交換等の研究討議を重ね、これからの業界の発展に寄与することはもちろん、そこから考えられる様々な地域の問題や家族の絆をJCにフィードバックするのも私たち冠婚葬祭に従事する者として大切な事ではないかと考えます。

地域の活性化は国家の活性化、自分達の地域のために全国各地の仲間から様々な情報や意見を頂き、これからのJCライフの糧にして頂ければ幸いです。

日本青年会議所冠婚葬祭部会(業種別部会)の設立に何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。